ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


貴方の事が気になります

その大腸の生真面目な皺

その歯並びの隙間風の匂い

その爪の下に隠れた皮膚の薄さ

 

貴方の躰は時々地震を起こしては

赤血球やグリコーゲンを驚かせます

そして胃の中に残った未消化の小骨は

気持ちよさそうにぐるりと泳いでいます

 

貴方は貴方という無数の細胞によって

死に続け、生まれ続け、考え続けます

光が差し込むことのない舞台装置で

全てを敗北者へと変えていくのです

 

僕も貴方の血肉になりたい

そして都合の良い魂は全て脱ぎ捨て

怖々と脳みその扉をノックした後

永遠に電気信号の奴隷となるのです

 

 

「赤い願望」