ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


もしもあの娘に逢ったなら

幸せだったと伝えて欲しい

この不器用な僕の嘘で

あの娘の胸の棘が優しさに変わるなら

 

乾いた布きれから滴る雨水

真っ赤な炎をあげる石製の砦

永遠に草を食む事の無い牛

そして貴方と僕が愛し合うこと

 

もしもあの娘に逢ったなら

明日を願えと伝えて欲しい

この冷え切った僕の影が

あの娘に繋がれる鎖にならないように

 

熱いスープを飲み干す仔猫

縫い痕の無い向日葵の刺繍

盲人に見える故郷の夕暮れ

そして貴方と僕が愛し合うこと

 

 

「焦がれた置手紙」