ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


懸念で湿り過ぎた空が

僕の影を消していく

行方も知れない灯火に

いっそ雨でも降ればいい

それで酸素の気が済むのなら

 

手首を切ってまで確かめた

命の記憶は死にました

安全剃刀に頼ったせいで

不実は全て流しに流れた

 

これはこうしてこういう風に

人に決められた僕の心の支え

感受性が足りないばかりに

否定するだけの美しさはなく

懐かしき言葉だけを繰り返す

 

首の絞め痕を誇示する女の

震える瞳が忘れられない

コンビニ帰りの大きな道路で

跳ねられる勇気に色は変わるよ

 

 

「バイバイ、感受性」