ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


其れならば
初めから自分など存在しない
正確に言うならば
自分と言う概念は余りに正しくない


日本では
肉体の所有意識が欠如する
其れならば一層
自分と言う概念は浅ましき幻覚となる


しかし悲しき我等には
其れを愛すべき感情がある
しかし不幸な我等には
其れを信じうる権利がある


例えるは
根を張る土を掘り返されるよう
貴方と出会うと
其れすら悲しくなるはずなのに


つまり悲しき我等には
其れを知るための道程がある
つまり不幸な我等には
幾千億の我等の中に居らざるを得ないのだ




「一時の平穏」