ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


死に場所を選び
死に方を選び
死に時を選び
けれども僕の生きる理由は
一度たりとも選べなかった


神様は呪いをかけて
僕を征服したつもりだけど


選択の余地のない生存に
心はイリジウムになり
負けたとか終わりだとか
喚いている人を羨ましく思う


これから太陽の真似をして
夜には夜にすべきことをしよう
朝には裏切り人を泣かせよう


もしも願いが叶うなら




イリジウム