ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


尾てい骨を齧ったら
イヴが神様にNTRられる
今年は林檎が豊作です
アダムは猥褻で捕まった


自分の膿で渇きを潤し
そのウジ虫でお腹を満たす
悲しい殺意は空中で弾け
憎悪を想う寂しさだけ残します


神様、神様、貴方の恋は
僕らに罰を与えるのでしょう
だけどもこんな理不尽な痛みは
貴方の意図するものなのですか


原子爆弾が落ちた日に
産声をあげた神様の子は
イヴの涙を産湯に育ち
アダムの断罪を生き甲斐とする




「神様は冗談を致します」