ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


残酷な貴方は言う
理屈じゃないわと言う
僕の心は拠り所を失い
暗がりな水溜りに沈んでいく


昔の貴方は言ったよ
嫌いじゃないわと言ったよ
僕の心は翼を尖らせ
永遠の夜景まで飛び立てたよ


貴方の水面に石を投げつけ
揺らすだけの男に奪われるなんて
僕など見てない貴方の瞳は
僕など見てない貴方の子宮は


いつか貴方は言うの
間違いじゃないわと言うの
僕の心の本当の言葉を
伝える前に死んでしまう癖に




「貴方の水面」