ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


世界の中心に僕はいないが

この心でも生きてはいけるよ

残滓、感傷、口下手な涙

財産と呼べる酸欠気味の憧憬

 

強くなければなりません

傷つかなければなりません

死に損ないに花を手向けて

僕はもう僕の理想から逃げない

 

だから鳥たちが運ぶ完璧な痛みに

僕と違わぬ悲しみを持った貴方に気づく

僕は何よりも貴方の理由を知り

貴方は誰よりも美しい症例を見た

 

そして感受性を守り続けていた貴方を

僕が思い出せなくなってしまっても

いつかまた言葉を重ねて欲しい

また逢えたねときっと笑うから

 

 

「讃美歌と僕」