ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


寒空の下で生きるとは

五センチ以上は拒絶する事

表情筋に期待を持たない事

無慈悲な足取りで進む事

疲れたら素直に死んでしまう事

 

覗いた窓の中の温もりに

決して琴線が触れてはいけない

町並みに立ちずさむ情婦たちに

決して心を許してはいけない

 

手にできる温度はマッチだけ

煙草は思いがけずに冷淡だ

命の熱量を浪費しなければ

僕は僕らしく生きる事が出来ない

 

コートの襟をマフラーで隠し

故郷を想う気力も湧かず

責任感の無い風が頬を殴り

空は遠くで他人の顔をする

そうして夜を繰り返すなら

いずれ小鳥も全てが死ぬさ

 

黒く覚えた余白を辿り

この死の季節を生き抜くことの

なんと冷色な心の痛みか

僕の孤独は赦される事無く

 

踏み潰したのは骸か愛か

今はそれさえも分からないでいる

 

 

「寒気哀歌」