ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


祭囃子の笛が聞こえる

待ちに待った喧騒に

駆け出す貴方は、遠い、遠い

はにかむ笑顔に気を取られ

僕は可能性を失ってしまった

 

全ては記憶に帰納される

それは孤独の呼び水で

痛みに堪えたあの少女には

十字架だけが与えられる

 

誰かが咎める声が聞こえる

そんな啖呵に怯むことなく

貴方の願いは、強く、強く

だけど傷みで耳を塞いで

僕は勘違いを繰り返してしまった

 

悲しい物語は収束する

全ての不幸を引き留めて

選択肢すら選べぬ彼らは

石を投げつけ安心をする

 

人が壊れた音が聞こえる

生傷だらけの感性に

残った言葉を、ついに、言えず

寂しさの欠片に勝手に傷つき

僕はまた世界を見捨ててしまった

 

 

「そしてなく」