ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


僕は電灯が好きだ

僕らの為だけに照らす

その健気さが好い

虫たちを集めて焼き殺す

その残酷さが好い

どんな夜にも負けること無い

その気丈さが好い

亡霊たちをピカピカにする

その清潔さが好い

 

もしも電灯が語るのならば

きっと月への敬意だろう

もしも電灯が恋するならば

きっと星々の遠さだろう

 

僕は電灯になりたい

貴方が傷つかないように

言葉を選んだりしないように

全てを奪う事の無いように

素直に静かに柔らかに

善きものたちの邪魔にならない

一つの電灯になりたい

光の束の集合になりたい

 

その啓示が或いは訪れたら

僕は汚い路地裏を照らすのだ

身の丈の悲しみを大切にする

彼らの足元が迷わぬように

 

 

「電灯は照らしてる」