ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


酷い裏切りです

僕に才が無いとしても

この心が偽りだとしても

言葉さえ意味を為さなくても

僕の奇跡は僕の物なのに

 

夜がコーヒーになるのも

ネオンが信号になるのも

夢が思い出になるのも

煙草が亡霊になるのも

風が小鳥を捕まえるのも

全ては僕だけの奇跡でした

 

なのに此処では裏切りだけが満ちている

好きという言葉には躊躇いがあり

痛みという感触には退屈があり

命という症状には劣情がある

そしてその全てが綺麗に着飾って

まるで真実のような顔をして街を歩いている

 

それらの裏切りによって情念は色褪せ

まるで他人の脳味噌にいるかのようです

裏切りを知る前に湿らした喉から

酸素は見事に奇跡を奪っていくのです

 

そして残った僕は何でしょう

或いは大げさな傷跡の抜け殻

 

 

「裏切りに傷跡を」