ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


宇宙に一人取り残されて

体操座りで自転する

公転するなら貴方の傍で

いつでも綺麗に映りたいけど

 

考える時間は沢山あった

だけど考えるのはきっと不幸だ

考えない自分が恵まれていたのを

考える事によって気付くのだ

 

好きで産まれた人たちには

僕はいつでも邪魔者だった

宇宙に逃れたこの抵抗も

彼らは悪を絶やしたと考えるから

 

透明な闇に声を尖らせて

躰は少しずつ発熱していく

真っ赤にこの身を燃やせたならば

もう何ものにも値踏みはさせない

 

 

「謙遜なき宇宙」