ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


少女を一度でも映したならば

その鏡は叩き割る必要がある

足で踏み鳴らす必要がある

粉々になったその憧憬を

毎朝一回服用する必要がある

 

難しい事が分からなくて

全てを飲み込んだ少年のように

消極的な敗北はいつも

映画性に富んだ寸劇を求める

 

占いを信じるような初心な彼らを

僕は今暴力的な行間によって

完膚無きまでに蹂躙しようと思うのだ

 

少年と少女は永遠に出会えない

粉薬は辱められ群像劇に拍手はない

 

僕は浅はかな世界の模倣犯である

 

 

「若き時限装置」