ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


青空が悲しいのは

僕の個人的事情で

そうして忘れた嘘たちが

今日も着飾る詩編になるの

 

線路の上に置き去りにした

うつ病の患部に手をかざし

脳味噌は素直に薬漬け

記憶は綺麗に色づけられる

 

青空が寂しいのは

貴方の個人的見解で

それらの隙間を縫う風が

明日も世界を正しく回すの

 

屋上の下は宝石を散りばめ

うつ病の完治を強要してる

脳味噌には頑張れのエール

記憶は白く透き通っていく

 

青空が冷たいのは

其処に大いなる意思は無く

小鳥たちが死ねと囀って

通勤バスが死ねと通り過ぎて

部屋のドアが死ねと閉じ込めて

この愛の決着を急かすからなの

 

 

うつ病患者の青空」