ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


愛玩犬は「好き」と鳴く

その無垢なる願望を

僕は胸の中に閉じこめる

彼女は僕しか望まなかった

 

過程なくして美を感じれず

風景美談は状況の勢力に依存し

言葉を当てはめて理解する

汚れた僕の瞳なのに

汚れた僕の美観なのに

 

何処までも走る貴方よ

そのセロトニンの健全さよ

愛される為に産まれて

愛される為に死ぬんだね

 

この光景は彼女の駆ける姿を

想起させるただ一つの明媚

きっといつまでも泣き腫らす

優れた僕の記憶からは

優れた僕の痛みからは

 

彼女は僕より先に老いた

声は一つも嘱しない

貴方の骸を引き渡すのが

僕の最も身近な罪だ

 

 

「愛玩犬と遊びて」