ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


まだこれらは紙だ

まだこれらは布だ

まだこれらは音だ

まだ彼らは人だ

 

まだこれらは色だ

まだこれらは石だ

まだこれらは記号だ

まだ貴方は人だ

 

僕を取り巻く世の中と呼ばれるものは

実は世の中と呼ぶには忍びないただの他人の言い訳なのだ

僕が怯えているのはその中で定義された幾つもの言葉に

意味を付けて回る事により情感が死んでいく事だけなのだ

 

美しさや愛や心と呼ばれるものに

僕はどうしても気後れしてしまう

もしもその哲学を恐れず使えたならば

これ程までに満ち足りた恩恵はないはずだ

 

今、僕は僕と成す

今、彼らを他人と呼ぶ

今、貴方に恋人を望む

今、詩編が名前を寄り添う

 

 

「意味の産声」