ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


春の眠りが安らぎならば

冬の眠りは死期である

体温奪う心細さに

成す術もなく冷えていく

 

あれは星空だ

あんなに熱く燃えているのに

あの娘の瞳に届くまでには

すっかりと冷たい記号となり

美しさだけを置き去りにする

 

寒気は不在の証明であり

位置を知らしめる我が身よ

摘んだ花も枯れてしまって

その原因なる命を嫌う

 

僕に真の美しさは手に入らない

だから冬は今年もやってくる

泣くにはいまだ想像できない

冬が、冬がやってくる

汚れた僕の心を隠す為にも

冬とは正しく正直だった

 

 

「冬に死ぬから」