ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


ただ一人の愛おしい人を

僕の感性の腕たちが

蹂躙していく

凌辱していく

 

守れない約束は

するべきじゃなかった

 

貴方の掌の中にある

憧憬は

今、ミンチになりました

 

明日は来たの?

何度も何度も貴方は尋ねる

 

百年後には

僕と貴方は死んでる

きっと死んでる

 

また会いましょう

 

手の跡の付いた脳味噌に

僕は驚いている

僕は怯えている

 

言葉が届かないと言う

美しさ

触れられないまでに

悩まし気に火を点けて

心を充血させながら煙を吐く

 

全てが嘘だったら

本当に良かったのに

 

 

「予告編」