ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


夜更けの雨は美しけれど

大地に落ちると穢れを知ろう

貴方の病室のベッドの座標が

窓際なのはこの為なのか

 

健全という名の精神病よ

美し過ぎると死ぬには容易い

貴方に止まない雨は無くとも

止んだ後まで生きる道理は?

 

「病人ならば青白く佇み

咳を何度もしないとならぬ

弱音の一つも言わねばならぬ

カルテと仲違いしなければならぬ

林檎の兎を求めねばならぬ

そして陰無き笑顔は見せずに

隠喩を仄めかし怯えねばならぬ」

 

窓を叩いた雨の束の間の純潔で

目じりを濡らせど治らぬ病よ

貴方はせめて今夜のような

湿った暗がりで狂いたいと言う

 

 

「通り雨の病」