ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


空いてるパズルを埋めてくように

大切だけが死んでいく

 

銀河ステーションで酔い潰れ

最終電車に這いつくばった

車内は囁く声に満たされて

鉄の扉が封をする

 

それを識者は運命と呼び

優しい人は奇跡と嘆き

冷たい人は愛だと笑い

僕は自分自身と知った

 

遠くで妹を抱きしめる男あり

僕が握るは一番安い切符

飾りの煙突は煙突を全うし

恐らく無色が大切だ

 

後悔をする後悔もなく

祈りを施す祈りもあらず

諦観じみた諦観を振り切り

悲しみだけの悲しみを持つ

 

殆ど無賃の僕だけは

連結装置で貝の火抱える

それ程までにこの空に

乗り続けなければならぬのだ

 

遺した者を罪深く

痛める事をいざ知らず

今日も大切は車両に乗って

美しく在ろうと躍起になるぞ

 

酔いが醒めたら気づくのだろうか

僕も誰かの大切だったと

 

 

「銀河鉄道にキセルして」