ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


死ぬのは勝手だ
エゴイズムだ
その悲しみの総量を
貴方はちっとも解ってくれない


貴方が消えた机には
意地悪な花が飾られる
僕はそれがとても嫌いだ
だって意味がありすぎるもの


貴方の跳んだ踏切を
子供たちは急いで渡ってる
その悪魔的風景に
思わず足が竦んだよ


死ぬのは勝手だ
エゴイズムだ
その寂しさの行方すら
貴方はもう、教えてくれない




「勝手に死なないで」