ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


この死体写真に写るのは
一つの命の抗いが
敗北をした慰めに
せめて記憶に残さんとする
終末的だが明確な意思


この死体写真に写るのは
有り触れている退屈に
日常を壊した記念とし
最早愛など知るよしもない
人間的だが醜い不誠実


この死体写真に写るのは
人が数字で数えられる
そんな地獄に果敢に挑み
強く主張をヴィジュアル化した
芸術的だが不遜な情感


どうか貴方よ泣かないで
優しさで体が錆びてく前に
この偏愛された死体の正しい美しさを
全て赦して噛み砕こう


難しいことじゃない
きっと僕にも貴方にも
そして死体のあの子にも




「死体写真」