ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


死んで生きて
生きて死んで
時々泣いて
また死んで
忘れて笑い
また生きて
羽を広げて
振り回し
触った娘は
腕が飛ぶ
彼女が死んで
僕が生きて
僕が死ねずに
彼女はいない
背負って生きて
追っかけ死んで
独りで生きて
二人で死んで
記憶は惑い
何処から生きた?
結局わからず
生き切ったなら
卵を撒いて
さようなら
生きても死んでも
さようなら




「g」