ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


僕は何に殺されるのか
それを考え歩いていたら
お腹がぷっくり膨らんだ
幸せが目の前をよぎりました


その幸せは手を繋ぎ
この世の希望を独り占め
腹が立ったこの僕は
幸せをその場で攫いました


幸せの後には小さな未来が
トコトコついてきてたので
纏めて合わせて縛り上げ
僕の部屋へと持ち帰ります


部屋に帰ると幸せの
ぷっくり膨らむそのお腹
包丁で丁寧に切り分けて
未来も綺麗にくり抜きました


幸せの中の小さな小さな希望に
僕は優しく優しく甘噛みします
未来も全て残らずミキサーに
未来ジュースの出来上がり


それから幸せや未来の類が
全て僕のものになった後も
僕は僕でしかなかった事に
気づいて泣けてくるのです


今度は現実が部屋のドアを叩き
僕を許さないと必死になります
その時僕は分かったのです
僕は夢に殺されるのだと




「幸せの希望の幸せ」