ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


天才の効用は
つまりは奇跡の連続性であって
或いは永遠の約束
凡庸に許されぬ神話的勝利
悲しいほどの選民主義に
一切を排した運命の強奪だ


僕は悔やみ続ける
僕が僕を殺したあの日
君も一緒に殺していたら
こんなにも惨めな命を
晒し許し受け入れ笑い
君が君でない他人になった事を


人でなしの意味は
つまりは常識の廃棄であって
或いは戸惑いの選択
凡庸に許されぬ哲学的喪失
苦しいほどの懐疑主義に
一切を飲み込む神様の性癖だ


僕は祈り続ける
僕が僕を許せるいつか
君もそれまで心を止めず
こんなに素晴らしい命を
愛し讃え楽しみ笑い
君が君のまま星になる事を


僕は優しく息を吸い
そして汚く息を吐く
それから鼓動は止まらずに
打鍵の音だけピタリと止んだ





「プラスとマイナス」