ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


忌み子の復讐は
瞬間的圧力によって
内蔵する全ての感情を
ミサイルにして街へ落とす事


怒りや悲しみはもう認めない
ただ無知による代償行為
人ではないこの稚児に
息を吸うように罰を与えると言う事


彼にはあの娘はいなかったから
一人の寒空で憎しみを養っていた
彼には都合よくいなかったから
一人の夕暮れで歳も数えなかった


だから復讐は誰の言葉も届かない
このミサイルが炸裂する時に
やっと彼は涙が流せるんだって
誰かが言っているのだけ僕は覚えてるよ




「忌み子は救われた?」