ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


死にます
わたし死にます
なんてことない理由をつけて
きっと死んでしまいます


今夜月は上らずに
わたしの瞬間は永遠になる
二十一時過ぎの結末を
怖れて子供の喚き声


残しません
何も残しません
なんて図々しいと笑われても
きっと残しはしないでしょう


今夜貴方の顔も見れず
その声も頭の中に浮かぶばかり
二十一時過ぎの最後なのに
なんでわたしはわたしなの


生きたい
ホントに生きてたい
なんて、言ってみたかっただけ
きっと叶わぬわたしです


今夜夢は現実を捉え
熱い涙が血を消毒していく
二十一時過ぎの願いはポツリ
一度瞬き雨に流され




「二十一時過ぎ」