ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


死ぬ前に生きて
生きた後死んで
それから亡霊になり果てて
それから胎児に産み落ちて


生きる前に教えてほしかった
そんな事ばかりで
死んだ後に知りたかった
そんな事ばかりで


僕の亡霊は風にかき消され
とても悲しい映像になります
僕の胎児は羊水に溺れ
とても切ない舞台になります


気づけば傍にいる人に
出会いたかったのですが
ずっと傍にいてくれている
それが愛だと知る前の事に




「密度の低い魂」