ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


悲しい事がありました
其れの多くは語られません
だから僕はひっそりと
詩篇に纏めて抱くのです


悲しい事がありました
誰彼構わず悼んでいます
喪服を羽織って手を閉じて
俯き終わりを待つのです


悲しい事がありました
貴方は知らない真似をします
その気丈さに幾らかの
感受性が恋します


悲しい事がありました
とてもとてもの悲しさです
だから僕は寂しくて
神様の声に気付けずです




「悲しい事がありました」