ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


夏の発熱にマイった途中
肌を休める風にて意識する
「普遍さに脅かされたこの僕は
不用意に数々の自身を殺戮した」と


そこからついぞ転落している
見よう見まねで怠惰している
頭の調子の悪い時には
息を殺してふすまを閉じる


足元に絡みつく埃たちでは
よっぽど不快で頭が淀む
言葉はいずれも笑ってくれない
僕の傍では怯えが自尊心を持つ


それから天意を信用できぬ
痛み分けだと我慢をはかる
頭の調子の悪い時には
瞳を塞いで頭を埋める


僕を掠める貴方とのこと
テレビは話が尽きませんので
関係性にて理解を失い
頭を抱える子供に息遣う


それから僕は鬱だと見取る
大人気なくに理由を探す
頭の調子の悪い時には
歯型で少し暴れてみせる


そこから貴方は嘯くばかり
惨めな僕は気付けず過ごす
頭の調子の悪い時には
火薬を仕込んで時間を決める




「頭と目玉ともう一人とドカン」