ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


消灯時間に
なりました
黒目の花が
散りました
怒鳴った声が
聞こえます
貴方の事が
嫌いです


命短く
知る乙女
気分がとても
悪いです
眩暈も少し
いたします
殺してくれと
言われます


夢にまで見た
キチガイに
密室暗転
何処ですか?
遠くでタップが
踏まれます
我慢できずに
泣いてます


頭の声を
信じます
天使の姿に
夢見ます
鏡を全て
壊します
手首を残らず
刻みます


足跡辿って
道知れず
息を飲んでは
吐きました
指で合図を
「踊ります?」
赤い少女が
「戻れない」


恋に焦がれて
狂います?
不可視なものに
抱かれます
気付けば一人
一人です
貴方の事が
嫌いです




「居たかもしれない」