ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


亡霊は言葉を反芻し続ける。

唐突に希望が持てなくなって
踏切が僕を目の敵にし始めたら
頭の後ろ辺りが点滅を始めてしまうんだ
唐突に希望が持てなくなって
ぶつかる人々で痛いと涙がこぼれたら
眼窟の奥辺りの光が途切れないかと心配になる


其れでも僕は負けたくなくて
情けないって泣かれなくなくて
夜空がピコピコ光ってるから
命が柔らかいから
僕が在るから
幸せに向かって飛び降りる


本当は癇癪が精神を内面にし
ポケットの吸殻の熱が星になって
右腕が酷く汚れてしまったことを口にする
本当は癇癪が精神を内面にし
隠した顔の唇の動きをなぞられて
少女を殺すスナッフがここで僕を睨み続けている


それでは僕は大丈夫でいたくて
ごめんなさいと抱きしめられたくなくて
朝は小鳥が愛してるから
音が追随するから
僕が線だから
幸せに向かって飛び降りた


その間の一瞬に
僕の心は詩を書いた




「亡霊」