ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


残酷な殺し方をしました
見ている人は不愉快そうでした
愛した人でも誓った人さえ
目をそらしてばかりでした


はい、私は殺しています
死ぬのは酷く惨めですから
本当は理由なんて必要でなくて
目的などというズルイ言葉も嫌いです


赤く燃えていると比喩することが多いですが
私にはちっとも美しく見えないのです
防空壕には音楽が流れない時があって
寂しいけど、ただ振り下ろすしかないんですね


死体にすることにしました
迫った人は泣き出しそうでした
愛する人まで誓った人さえ
不合理な感情論はもう聞こえないと




「人を殺すと私」