ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


手直しした。

貴方が全てだ
彼のあらゆる詩篇はこれに尽きた
時に彼女は女神だった
時に彼女は世界だった
時に彼女は生命そのものだった


詩篇は幾千の情熱であり
彼はある種の愛の代弁者だった


彼の詩篇は確かに彼だけのものだった
しかしその鼓動は止まることはなかった


その語感に少女は淡く優しい夢を見た
そのフレーズを胸に少年は立ち向かった
その感性を抱き、幾人かは丁寧に呟いた
そして時には誰彼の涙を落とす事もあった


貴方が全てだ
彼は詩篇にこめて今日も想う
命と感受性を削り想い続ける
詩篇はいつか輝き、いつか傷つける
それでも彼は想いしたため続けた


貴方が全てだ
分かってもらえるだろうか
貴方が全てだ
気づいてもらえるだろうか
貴方が全てだ
億千の光を超えて
彼の伝えたかった
その祈り


いつかの外に夜が広がっていた
流れ星がひとつ静かに流れた




「彼の詩篇の話」