ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


炸裂した
混ざり合った
愛している
声は届かない
最近よく夢に見る
泣いてしまったの


傍にいるの
魘されて有限?
夢で出会った
声にはならない
震えは見逃して
思いのほか寂しい


指を重ねる
頬がずっと熱い
美しく見える
声が悲しい
囁いて一人
離れなくなる


少し触れた
静かに溶けた
そっとそっと笑う
声を抱きしめる
感受性とキス一つ
貴方に知る約束




「夜は想いの呟き」