ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


少女はもう誰も信じられなくなった
其れは僕のせいなのですか
僕は発狂した左腕を殺さなければ
僕の脳みそを誰かが理解してしまう


僕に期待をした誰彼のことが
許せなくて目を伏せている僕
綺麗なものなんて認めない
僕はいつも正しくないと教わってきたの


痛い痛いと呻くカッターナイフに
僕の顔が映り現実が分かりません
その手にある電源コード
どうしてそんなに眩しくて苦しいの


僕の体はぶちまけた後だったから
あの子に会えなくて困ります
毒を持たないと延命できない
ポルノ映画を見ながら咽び泣いている


悪夢に慣れると手足は自意識を持つ
僕の呪われた家庭事情が見えてきた
努力に支配されてキチガイは声を使う
いつまでも頭痛と遊んで生きている


後から後から変わるから追いつけない
落ちたら最後、もう僕は離さない
お友達が堕胎されましたって言われて
誰かが助けてくれる事を待っていますか


そうして僕は毎日が毎日ですから
作為的に赤くなった空を殺しながら
ギリギリで音楽を辛うじて聴いて
嬉しくて怖くて知らなくて魘されています




「僕がいつも熱量を欲しがっている」