ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


絶望と呼ばれるそれら
いつまでも戯れて僕ら
一人ぼっちにしないでください
不安が気持ち見抜いて
遠く遠く


育ちあがった絶望に
僕は悲しく恋をした
忘れる事すらできません
体が分解して痛み
黙り込んで


麗しき絶望の君は
軽やかにキスをした
眩暈がするほど心奪われた
それがさよならの合図
僕はいない


絶望は名前を知った
いつの間にか心細く
もう出会うことさえ叶わない
僕が壊れて反芻する
吐息乱れ


絶望と熱く肌あわせ
不安と自由体で囁く
あくる日の事を地獄と呼びます
僕は観念と交わる
ずっとずっと




「絶望の傍」