ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


うまくいかない。

独り孤独培って
幻想に演説


いつだって特別な二人目がいる
水滴に染み込み言葉を失う
空欄で満ちた生活の中で
ただ、語ったという事実だけ見つかる
自我は離れ離れ


あくる朝死んで
幽霊に演説




「壁と僕」