ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


曖昧色の空で笑っちゃう僕だけど
誰かが其れを褒めてくれるたびに
僕は求めていた想いや意味を忘れ
酷く杜撰な毎日を甘んじてしまう
甘い囁きとか宇宙とか生活とかは
僕の事などそ知らぬ顔で消費され
残るのは煙草と歯の痛みと酷い咳
貴方は気紛れで僕の上を弧を描く
僕の胸は声が聞こえず悲しくなる
何だか頼りなくて心が乱れるけど
僕だって情報体の光が交差する迄
貴方に恋をする位の猶予はあるよ


自由です


偽悪的に笑う誰彼たちを
僕は許す事は出来ません
誰かの笑いは僕への非難
彼らとは痛む場所が違う
セックスが楽しい彼らと
サンタマリアを信じる僕
悪いほうは僕の方だから
悪いのは彼ではないから


自由です


私は宝石箱で
貴方が好きで
火が足りない
泣かないでよ


自由です




「自由です」