ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


必然的なセックスを営んで、なんだ
結局皆死んでしまうんじゃないか
愛し合うだけ愛しておいて
ロマンティックを感じておいて
僕を横目に気づかず忘れて
結局皆そんな必然で笑っていたのか
何も無いじゃないか
ちっとも見つからないじゃないか
捨てておけ空上る
こんなに白い太陽が昇る
こんなに白い太陽が昇る!


五月に病で動けなくなった
貴方は美しかったと言いたいんだ
目をそらさないで僕を見て
口笛交じりで安心させて
夢の中では恋人だって
直ぐに空を飛べるはずじゃなかったのか
僕はいつから分けも分からぬ想いで
脳髄への直結を失ったんだ
止めておけ空上る
太陽が関係ないと命を宿す
太陽が関係ないと命を宿す!


敗れるべきものは他にあっただろうと
時給八百五十円で諭された
注意深く生きておけと
賢い人に四六時中押し込められ続けた、のだ!




「目が開けられない」