ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


ぼく
とあなたと
ぼくとあなたは
けっしょうたいのように
ぼくとぼくがあいはんする
あなたというそしゃくに
めくるめいています


ぼく
いったいと
これはなんのかたち
ひとはぼくをうしない
またぼくはひとをうしなう
あなたがすべてですから
よういになみだをみせません


ぼく
このあした
わすれきってしまうと
おそろしさはぼくのせいになり
それからつまりはじつじょうに
とどかぬとおいほうわぶつを
だきしめていくしあわせ


ぼく
あなたあなた
たとえじじつがぼくをぼくとせず
なにかしらのせいろんをもとめ
つまりはがいねんにおけるじこが
ぼくをぼくとせずとも
あなた、あなた、あなた




「こい」