ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


ぼくはようじょだから
わからないふりがじょうずでしょ
いっちゃだめなのわからない
そんなぼくにはつのがある


びらびらわらっているけれど
ちっともたのしくなんかない
すこしはやさしくなりたいな
いたいいたいじゃないんだってば


だれもしらないことばかり
ぼくはあたまはきらいです
ぐじゃーっとふやけています
すくってもすくってもおなかいっぱい


ぼくはようじょだからね
すごいんだよ えらいんだよ
ばいばいばいばいばいばいば
しあわせなんてうそだ じゅんとあつい




「せんせい」