ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


線を引く私は狂乱に告ぐ
その傍に居る僕は俯きがちに
「皆々様、私たちは愛しております」
身勝手な暴力で僕は
打ちのめされ

しかし
しかし
床に伏せた折、見つけた侘しさに
キョ楽的に生きたいのです
ガリガリと線を引く彼女に
群集は性を重んじようとした!


僕の逃避です
驚いたことに幾人かは其れを追い
完膚なきまでに叩き込み
私は気丈なまでに
卑しい笑顔で言いました
「私たちは確かに愛しているのです!」


錯乱の末混乱に至り
群集の飽きを誘った後に
彼女と僕の暴挙は
何かしらのパフォームとし
賞賛され感謝され
曰く
「判るに易い、不可解なるまぐわい」
そしてやっと左腕を目に見えぬほどにした彼女は
すぐさま僕を捨てて、いく


そして一人きり
「路上にて呟く」
「命からがら逃げてきた」
「曰く」
「若しくは」
ああああああ
許せない




「演説」