ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


影が一度に入れ替わり
細分化されて感情
散り散りの恋に
誰彼の感傷が付け加わり
ぐらぐらして
「確かに貴方は」


愛していました、恋をした
と、言われてしまえれば高級に
胸が焼けるようで
喉が枯れるようで
耳をふさぎたい目を閉じたい! なんて
いってしまえれば、れば


ほら、みて、みて、見て!
誰かが気丈に愛してる
二人だけの世界なんて在り得ない
これから言葉は剥奪され
残るのは細い足、幼子の胸
どうしても誰かが泣いてしまう
「彼はわからない」


愛していたい、恋をした
そういい続けて少女は叫ぶ
あの人が居るのです!
僕は笑う
少しだけ微笑む
その練習を
繰り返して




「失敗」