ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


赤黒の水溜りに
僕の顔が映らない、と
無性に掻き毟りになり
鼠色の肌に
温もり、大切なの僕には
僕の眼から見える世界、世界
行列に並び損なうことを気にせず
そんな風に振舞いたかった
だけどだけど、でも
「大嫌い!」
甘えた不誠実を抱きしめる
僕の、やめた
戦闘機が放ったミサイルのような生産性で
僕は肉体の半分を失い
ただ、人を憎むことしか出来ない
蛍光色の草むらの空で仰げば
僕の失ったもの以外のものが輝く、から
誰も許さない
縫い入れたラインのマークが
「とてもチャームポイントですね」
なんて刃先を眉間に沿わせてみる
気丈さが好きだった
優しさを愛していた
感動を抱きしめていたかった
修羅は何処にでも居るよ、僕は
助けて
赤黒の水溜りに足を沈めて
苦い顔をしている貴方が愛を込めて
「水溜りにて、修羅をただただ気取るのですよ私は」




「水溜り、の、殺人」