ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


食べ続ける。

談笑の後
僕の君とで考えてみる
沈黙の後
僕は一人思い悩む


格好いい言葉に騙されない
若しくは本質を見くびったりしない
伝達の内実に負けず
月を友人と片割れに想い
分かり難いとは言われず
醜く


疣にやられて
痛みばかり先行するかな
飽食につきて
余りにも尊い生命なりて



考えて書くのはやめたい
技巧を凝らしたくなどない
外傷を得ず
人になり落ちたことを意識するけども
それに負ける?
確かな日々は愛情の加担にて
ああ、眩しい
独述のみに生きてきた
只只


知識は及ばず
近くで何も何も僕を見ない
ああ
飽食は空腹を満たすことなどない
足りない、足りない





「ヘルベティカの隣で食らう」