ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


後。

ああ。
あああ。
なんだ。
もう。
今此処は。
何で泣いているの?
ねぇ。
ああ。
あああああ。
助けてよ。
誰か、助けて、よ。
うう。
どうして。
どうして僕は。
誰か泣いてよ。
ううん。
出てきてよ!
こういうときに限って今僕は僕しかいなくて。
はは。
誰でも好いから、声をかけて、下さい。
どうすれば好いんだろうね。
僕は本当に。
頭が悪いみたいだ。
可燃性高圧ガス。
それだけそれだけそれだけ。
ああ。
ああああああ。
ああああああああああああああああああああああああ。
ううん。
もうね。もう。うん。もうだよ。もうなんだよ。
どうすれば好い?
どうすれば認めてくれる?
どうすれば分かってくれる?
どうすれば。
どうすれば。
そう。
「貴方が認められるような、理解してもらえるような、そんな努力を一度でもした? 人に寄り添った? 好きになった? 愛してみた? ウソツキ。嘘吐き。貴方はいつだって独りを望んだじゃないの。」
どう。
どうしよう。
ああ。そっか。
疑問系なんて、とてもとても愚かなことなんだ。
肯定文はもっと無様なものなんだ。
何で僕は認められないか。
何で僕は好かれないか。
何で僕は理解されないか。
何で僕はこんなにも気持ち悪いのか。
つまりは、原因は。
うん。
はは。
は。
投げてしまいそう。
だ。








欠陥として
何者にも何も
飽きちゃった
勝手にやるよ


やる事が分かる
理解できます
登場の注意
透明の効力


折りたたみ式自我
ワンタッチ連帯感
全自動式表情筋
文句言うなよそこまでで


此処でテロップ
勝手にやっておりますが
未だに何もしておりません
赫々云々


嫌いになっただろう
不愉快に違いない
そして全ては縫い合って
可哀想な僕に


容赦ない一斉攻撃
僕は被害を受けてます
容赦ない強制構築
あらあら、可哀想


「圧縮解凍」