ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


グレープフルーツみたいな僕が欲しい

戯言。
次々と消費していく活字の集合体に、僕は果たしてついていられるだろうか。
否。
ワスレカケテイタ何かを思い出した。
そうそうそうなんだよ。
イママデなんでコンナニ時間にシバラレテいたのか。
「僕は僕のことしか言述しない」
言いたい事しか言わなければいい。
伝えたいことしか言わなければいい。
何もかも普通じゃなければ好い。
ソウイウことでしょ?











あくまで一般性の話をしているんだ
全ての人間には欠如に対する嫉妬があるはずだと
皆さん不足を手に入れるそのエネルギーが
食物を栄養にする時間の流れほど好んでいる


あなたのことばかり考えていたら日が暮れた
そして百年の月日が経ってようやく気づく
括弧を数多付ければ感情の起伏さえ示唆できよろしい
しかしあくまで半分にする為の下準備なんだ


つまりは僕の体が今壊れていくのは
高いところから落としたことと対して変わらない
誰か手をさし伸ばし
その手を壊してしまおうか


怖い人ばかりなら
僕はキット当然のように
彼らを何度も何度も何度も
叩き割って満足できるはずなのに


油にまみれた部位を切り落とし
彼女の体に差し込もう
そうして笑いながら唄って
首が飛んでも動いてみせよう




「あるべき姿の形論」