ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


ははあ

あはは。
気持ち悪い? そりゃ仕様。
首の裏を触ればほら、誰だって同じ。
怖がってくれないのかい。
僕は少しばかり外れてしまった。
ああははは。
寒いんだ。
結局熱伝導の割合は大して変わらないわけじゃないですか。
そこに気持ちとかを導入しようとするから。
結局君たちは何なんだ。
有機物ならそれらしくしろよ、マッタク。
東京は今この時点で終わってしまったんダヨ。
神は逝った? おお、なんと情けない。
地獄のアクマとか現実味の無い話をして。
泣いて乞い撃たれ、やめて! はは?
いい加減何かも白々しい。
どっちが本当だろうねぇ? どっちが本当であって欲しい?
じゃあ僕はその反対側で! はは。








社会的に問題なんだよ
とか謂えば好いの?
理解できている人がどれだけいる事か
そして回帰論に走る
それが悪い癖
現実なんてそれほど重要視しなくていいと思うよ
リズムさえ足並みそろえれば
それで大体は決まってしまう云々云々


捕食の対象が自分なんて
完全に近いんだと思うよ
褒めて上げよう
許してあげよう
だから近づかないでくれるかな
大体言葉に制約されてしまってるね
モドカシイトカ謂ってるうちが華


でその言葉を翻訳するとなんになるわけ
それをじっくりと聞かせていただきたい
僕の翻訳能力は不完全未機能非人道
語呂合わせの類も余りにもかけ離れて
さてさてだからそれの本意とか


今ひとつ飛びきらないんだ過去のせい
僕のせい
余りにも大きく言い過ぎた社会のせい
対象者の感性のせい
曰く症例の発症は滞りなく完了した
とかなんとか?
ほら撃たれちゃった
血漿は多くも空を飛ぶ大木のよう








「飛べない逝けないわからない」